東芝4Kテレビ”REGZA M510X”発表&前機種M500Xとの比較

東芝4Kテレビ”REGZA M510X”が発表されました!

M500Xの後継機種という位置づけとなります
M510Xの情報をまとめ、
所感を記載したいと思います

上位機種のREGZA BZ710Xについては以下ページに情報をまとめております

東芝4Kテレビ"REGZA BZ710X"発表&前機種Z700Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA BZ710X"が発表されました! 執筆時点ではそもそも東芝の存続自体が危ない状況ですが、 テレビ...

下位機種のC310XとM510Xの比較については以下ページに情報をまとめております

東芝4Kテレビ"REGZA"C310X発表&M510Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA"C310Xについて、M510Xと比較しながら説明します

ちなみに以下の写真は前機種のM500Xですのでご注意ください
(執筆当初はM510Xは予約開始前ですので)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目点

注目点は以下の通りです
良い点とイマイチな点を記載します

まずは良い点です

■■■良い点■■■

①美肌にする「美肌リアライザー」を搭載

②4K HDRに対応

③クリアブラックパネル搭載

④「スカパー! プレミアムサービス4Kチューナ」非搭載

⑤価格がM500Xよりも安くなる可能性があり!?

イマイチな点は以下の通りです

■■■イマイチな点■■■

⑥エリア駆動のないエッジ型LED VA液晶

⑦Amazon Primeビデオ未対応

良い点

①美肌にする「美肌リアライザー」を搭載

特に肌を綺麗にする効果が高いエンジンが今回搭載されているようです
肌を美肌に見せる”美肌リアライザー”や、地デジ画質を4Kにアップコンバートする”地デジビューティ”が搭載されているとのこと

②4K HDRに対応

最新のトレンドである4K HDRに対応しております
4Kに対応することで高精細感を、HDRに対応することでメリハリのある色が美しい画を見ることができます

③クリアブラックパネル搭載

上位機種にも搭載しているグレアタイプの液晶を搭載している。
(各種情報サイトには記載されているものの、ただしなぜか公式ホームページには詳しい説明は無し)

④「スカパー! プレミアムサービス4Kチューナ」非搭載

個人的にはメリットになります。
スカパー! プレミアムサービス4Kチューナは現状では単体でも2~3万円ほどするため、M510Xに搭載しようとすると同等くらいの価格が上乗せされるかと思いますので、スカパーを4Kで見る予定がない方はメリットになるかと思います

また、スカパーでスポーツを見られる方も多いかと思いますが、そのような方は激しい動きでも残像が出にくいBZ710Xの方が良いかと思います

⑤価格がM500Xよりも安くなる可能性があり!?

M510Xの価格はオープンプライスですが、店頭予想価格は58型が23万円前後、50型が18万円前後、40型が14万円前後となっております

比較対象のM500Xは、店頭予想価格は58型が25万円前後、50型が20万円前後、40型が17万円前後であるため、
店頭予想価格はM500Xより2~3万円ほどお安くなっております

2017年4月1日現在の価格.comの各モデルのM500Xの最安値を見ると、
58型が\136,136、50型が\116,200、40型が\81,800となっているため、
50型はモデル末期には10万円を切る可能性があります

イマイチな点

⑥エリア駆動のないエッジ型LED VA液晶

上位機種との大きな違いは直下型LEDではなくエッジ型LEDと、IPS液晶ではなくVA液晶だと思います

エッジ型LEDかつ、エリア駆動もないため画面が黒表示がエリア駆動の機種に比べ明るく表示され、メリハリの無い黒色になります
特に映画などを見るときは締まった黒で表現され、画像のコントラスト比が大きく見える方が良いと言われております

また、VA液晶の特徴として、中心から見るとコントラスト比が高いが、正面以外だとコントラスト比が低くなるという点で、IPS液晶の特徴としては、中心から見るとVA液晶よりコントラスト比が低いが視野角が広いというという点です

よって大人数でみるときはIPS液晶の方が有利で、少人数で見るときはVA液晶が有利と言われているため、
大画面をリビングで見て、家族も多い方はIPS液晶の方が良いかと思います

⑦Amazon Primeビデオ未対応

BZ710Xのネットワーク映像配信サービスの対応が多いだけに、利用されている方が多いAmazon Primeが対応していないのは悲しいなと思います
個人的にも利用しているため付けて欲しかったです

買いかどうかでいうと、、、

画質や音質に特にこだわりが無いが4Kの大画面テレビが欲しいという方は買いだと思います

特に、前機種のM500Xも4K大画面テレビの中では他社も含め安い部類になるかと思いますが、
M510XはM500Xよりさらに価格が安くなるので、非常にコストパフォーマンスが高いと思います

画質にこだわりがなく、音質は良くしたいというのであれば、
M510XにBOSEのSolo 5を導入するという手もあるかと思います

画質や音質をこだわりたいという方はBZ710Xになるかと思いますが、
BZ710XとM510Xの店頭予想価格の差が7万円であるため、7万円の価値を見いだせるか、
ということになるかと思います

また、他社の4Kテレビと比べても非常にコストパフォーマンスが高いのでオススメです!

上位機種のREGZA BZ710Xについては以下ページに情報をまとめておりますのでよろしければご一読ください

東芝4Kテレビ"REGZA BZ710X"発表&前機種Z700Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA BZ710X"が発表されました! 執筆時点ではそもそも東芝の存続自体が危ない状況ですが、 テレビ...

下位機種のC310XとM510Xの比較については以下ページに情報をまとめております

東芝4Kテレビ"REGZA"C310X発表&M510Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA"C310Xについて、M510Xと比較しながら説明します

ちなみに以下の写真は前機種のM500Xですのでご注意ください
(執筆当初はM510Xは予約開始前ですので)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする