東芝4Kテレビ”REGZA BZ710X”発表&前機種Z700Xとの比較

東芝4Kテレビ”REGZA BZ710X”が発表されました!

執筆時点ではそもそも東芝の存続自体が危ない状況ですが、
テレビの実力は高いためREGZAは何とか売り続けて欲しいものです

BZ710についてはZ700の後継機種という位置づけですが、
かなり変わっているところがあるため、その情報をまとめ、
所感を記載したいと思います

M510Xは別途記事にまとめました

東芝4Kテレビ"REGZA M510X"発表&前機種M500Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA M510X"が発表されました! M500Xの後継機種という位置づけとなります M510Xの情報を...

下位機種のC310XとM510Xの比較については以下ページに情報をまとめております

東芝4Kテレビ"REGZA"C310X発表&M510Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA C310X"が発表されました! 先日M510Xが発表された際には、エッジ型LEDライト搭載であった...

ちなみに以下の写真は前機種のZ700Xですのでご注意ください
(執筆当初はBZ710Xは予約開始前ですので)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目点

注目点は以下の通りです
良い点とイマイチな点を記載します

まずは良い点です

■■■良い点■■■

①重低音再生性能を高めた「バズーカオーディオシステム」を搭載

②上位機種と同様の「レグザエンジン Beautiy PRO」を搭載した画質向上

③「スカパー! プレミアムサービス4Kチューナ」搭載

④4K 直下型LED IPS液晶とLEDエリアコントロールの向上

⑤4Kクリアダイレクトモーション480を変わらず搭載

⑥価格がZ700Xよりも安くなる可能性があり!?

イマイチな点は以下の通りです

■■■イマイチな点■■■

⑦タイムシフト機能が省かれた

⑧43インチモデルがラインナップにない

⑨モデル名に”B”とついているため、派生機種が現れる可能性があり

⑩Amazon Primeビデオ未対応

良い点

①重低音再生性能を高めた「バズーカオーディオシステム」を搭載

本モデルの最大の売りとなっております、
ONKYO社と共同開発したスピーカーを導入することによる音質向上です

ツィータとフルレンジユニットを左右セット、バズーカウーファの搭載により、
特に低音が強化されているということです

東芝が販売していたサウンドバー、RSS-AZ77と同等クラスのものと思われます

これによりダイナミックで迫力ある音が楽しめるということです

ただし、個人的に気になるのはソニーでいうところの”S-FORCE フロントサラウンド”のような
疑似サラウンド再生機能が付いていないため、どのくらい臨場感がある音が聞けるのかが
気になるところです

②上位機種と同様の「レグザエンジン Beautiy PRO」を搭載した画質向上

特に肌を綺麗にする効果が高いエンジンが今回搭載されているようです
肌を美肌に見せる”美肌リアライザー”や、地デジ画質を4Kにアップコンバートする”地デジビューティPRO”、
機械学習によるHDR(ハイダイナミック合成)向上技術”AI機械学習HDR復元”などにより
Z700Xに比べ画質が向上しているとのこと

③「スカパー! プレミアムサービス4Kチューナ」搭載

別売りで購入しようと30,000円前後する4Kチューナをデフォルトで搭載

④4K 直下型LED IPS液晶とLEDエリアコントロールの向上

背面にLEDを搭載しているLEDにより、高輝度を実現してますが、明るいだけでは黒などの暗い色がなってしまうため、エリアコントロールにより背面を光らせるLEDを限定することにより、ハイダイナミックレンジの画像を見ることができますが、
そのエリアコントロールの分割数が向上しているとのこと
個人的にはZ700Xの時点でも分割されているためそれほど効果は感じられないのではないかと思います

また、IPS液晶搭載により、横から見ても安定した画質を見ることができますが、
最近のREGZAのVA液晶でも横から安定したコントラストがあり、
家電量販店でIPS液晶とVA液晶のREGZAを見比べても
それほど気にする必要はないレベルでした

⑤4Kクリアダイレクトモーション480を変わらず搭載

1秒間に毎秒60コマで送られてくる映像の前後を合成して擬似的なコマを生成して挿入し、
毎秒120コマ表示をすることにより、動きの激しい映像でも残像感を低減する機能です
残像感を無くす機能は目で見てわかりやすいところであるため、
このような機能はあまりアピールはされないですが非常に重要な機能なため
極力スペックが高いものを選択した方が良いかともいます

⑥価格がZ700Xよりも安くなる可能性があり!?

価格自体は前機種も本機種もオープンプライスですが、店頭予想価格は49インチで比較すると
49BZ710Xが25万円前後、49Z700Xが26万円前後で1万円ほどお安くなるかと思います
価格帯もほぼ同じのため、価格推移はZ700Xと同じような曲線を描くと想定されるため、
初夏ごろに価格が落ち着き、来年2月あたりが最安値になるのではないかと思います

イマイチな点

⑦タイムシフト機能が省かれた

タイムシフト機能とは複数チャンネルを同時録画し、数日間保持することにより
見逃してもさかのぼって再生する機能です
他社との差別ポイントであったため、この機能がなくなったので検討から外れるという方も多いかと思います

⑧43インチモデルがラインナップにない

「バズーカオーディオシステム」を43インチに搭載するのが難しかったのでラインナップから外したということですが、
43インチも人気のサイズ帯であるため、ラインナップになく諦める方も出てくるのではないかと思います

⑨モデル名に”B”とついているため、派生機種が現れる可能性があり

REGZAはネーミングルールから逸れた機種名を付けた場合は、その後派生機種を発表することもありました
音にこだわらないモデルや、音とは違う売りがある機種を出す可能性もゼロではないかと思います

⑩Amazon Primeビデオ未対応

BZ710Xのネットワーク映像配信サービスの対応が多いだけに、利用されている方が多いAmazon Primeが対応していないのは悲しいなと思います
個人的にも利用しているため付けて欲しかったです

仕様まとめ

以下に仕様をまとめます

1.「全面直下LEDバックライト」と「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」

新開発の「全面直下LEDバックライト」による高いピーク輝度と「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」による暗部の緻密なコントロールにより、リアルな輝きと引き締まった黒を実現しています。

2.精細感ある高画質を実現する映像処理エンジン「レグザエンジンBeauty PRO」

自社開発のさまざまな高画質映像処理技術により、精細感を際立たせノイズを低減することで、リアルな高画質を実現します。

(1) 人肌の質感を美しくリアルに再現する「美肌リアライザー」

明るいシーンでの顔のハイライト部分の色飽和を抑え、階調をきめ細やかに描き出すことで、肌の質感をよりリアルに表現します。

(2) 地上デジタル放送などの映像を高精細に再現する「地デジビューティPRO」

複数の超解像技術を組み合わせることで、地上デジタル放送をノイズの少ない自然で精細感ある映像で再現します。

(3) 熟成超解像

映画などの24フレーム/秒の映像に対し、超解像処理とノイズリダクションをそれぞれ2回行い、クリアで精細感ある映像を再現します。

(4) AI機械学習HDR復元

従来編集とHDR編集の映像素材を多数比較し、AI機械学習技術で適切な復元テーブルを作成することで、HDR映像ではない従来の映像を高精度に高コントラスト画質に復元します。ブルーレイディスクや地上デジタル放送などのさまざまな映像を高コントラストでリアルに再現します。

3.重低音を響かせる「バズーカオーディオシステム」

オンキヨー株式会社と共同開発した「重低音バズーカウーファー」と、テレビ前面に配置した「大容量バスレフボックス2ウェイスピーカー」を総合出力66Wのマルチアンプで駆動し、レグザサウンドイコライザーアドバンスで緻密に音響補正することにより、迫力のある重低音と繊細で明瞭な高音質を再現します。

4.BSも地デジも3チューナーW録

地上デジタル放送用の3基のチューナーに加え、BS・110度CSデジタル放送用のチューナーも3機搭載することで、地デジ番組、BS番組を視聴しながら、同時に別の2番組を録画できます。

5.番組を見ながら、次に見たい番組をすぐ選べる「次みるナビ」

「次みるナビ」ボタンを押すだけで、視聴中の番組の出演者が出ている別の録画番組や、お好みの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」の番組、YouTube動画などがリスト表示され、次に見たいコンテンツをすぐに選べます。
次みるナビ

6.さまざまな4K放送や4K動画配信サービスに対応

新たにスカパー!プレミアムサービス光にも対応し、スカパー!プレミアムサービス、ひかりTV4K-IP放送や、Netflix、ひかりTV4K、dTV、4Kアクトビラ、YouTubeなどの、さまざまな4K放送および4K動画配信サービスに対応しています。

7.さまざまなHDR(High Dynamic Range)フォーマットに対応

「HLG(Hybrid Log-Gamma:ハイブリッドログガンマ)」方式のHDR放送、動画配信サービスのHDRコンテンツやHDMIR接続時のHDR信号(Ultra HD Blu-rayなどのHDR信号)入力に対応しています。

買いかどうかでいうと、、、

映像強化が図られてて、音にもこだわりがあるため、BZ710Xは買いかと思いますが、タイムシフト機能が必要な方は、Z700XとBOSE Solo 5を組み合わせた方がベターだと思います

やはり43インチが無いこととタイムシフト機能が省かれていることで、検討対象から外れる方も多いのではないかと思います

ただし、4Kスカパーを見る方は超買いだと思います

個人的にはM510Xも気になるため、別途記事にまとめました

東芝4Kテレビ"REGZA M510X"発表&前機種M500Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA M510X"が発表されました! M500Xの後継機種という位置づけとなります M510Xの情報を...

下位機種のC310XとM510Xの比較については以下ページに情報をまとめております

東芝4Kテレビ"REGZA"C310X発表&M510Xとの比較
東芝4Kテレビ"REGZA C310X"が発表されました! 先日M510Xが発表された際には、エッジ型LEDライト搭載であった...

あとは、家電量販店に出てきたら見比べて追記したいと思います

ちなみに以下の写真は前機種のZ700Xですのでご注意ください
(執筆当初はBZ710Xは予約開始前ですので)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする